夕方、西の空で金星が明るい

皆さんも気づかれているかと思いますが、夕方の西の空高くにとても明るい星があります。宵の明星 金星です。今、望遠鏡で覗くと、ちょうど半月型に見えます。

新型コロナウィルスが終息すれば、5月のゴールデンウィークに科学館の天体観測室&屋上で金星観望会を開催する予定です。

写真は3月30日日中に天体観測室の15cm屈折望遠鏡で撮影した金星です。左は撮影したままの画像で、右はその画像の赤や緑、青色をパソコンで調整したものです。

アトラス彗星(C/2019 Y4)が明るくなるかも

ハワイの小惑星地球衝突最終警報システム「ATLAS」によって2019年12月28日に発見されたアトラス彗星(C/2019 Y4)は、太陽に近づくにつれて急速に明るくなり、3月30日現在、おおぐま座で7~8等級です。今後太陽に近づいて行き最も近づく5月末にはマイナス等級にまで達する可能性があるとの事です。

写真は昨夜3月29日に撮影したもので、大きく広がっている様ですが、尾は短いです。左上の輝星はおおぐま座 HIP40215 5.34等級です。

 

 

 

 

オリオン大星雲 M42

科学館の天体ドームに収められている望遠鏡は、眼視観察用の口径15cm屈折望遠鏡です。本来、天体撮影には向かないのですが、デジタルカメラを付けてオリオン大星雲を撮影してみました。アクロマートと言う形式の対物レンズで、その色収差により明るい恒星の回りに青い色が付いています。それでも星雲の入り組んだ様子を写し出す事が出来ました。

 

太陽観察専用の「シーロスタット」

シーロスタットは写真の様に2枚の平面鏡から構成されています。右下が第1鏡、左上が第2鏡です。
実物を見るまでは、単純に第1鏡が太陽時追尾するんだろうと言う認識でしたが、正しくは太陽時の1/2の速度で太陽を追尾します。そうすると第1鏡での太陽の反射光は常に第2鏡に当たる事になり、第2鏡での反射光が固定された望遠鏡に導かれます。