プラネタリウム

  1. TOP
  2. プラネタリウム

プラネタリウムについて

季節毎の一般投影番組のほか、団体向けの作品として、小中学校向けの「学習投影」や、幼稚園・保育園・認定子ども園むけの「幼児投影」、一般向けの「季節の星空散歩」など、各種そろえております。当館のプラネタリウムは、光学式の恒星投影機「MS-10」を使用しています。この投影機では、人間が目で見ることができる星の数と同程度の、およそ6,000個の星を映すことができます。ドーム径は12m、座席数は88席あります。

投影時間・観覧料

投影時間

10:00 11:00 13:30 15:00
平日 団体 団体 団体 一般
土日・祝日 一般 一般 一般 一般
※八戸市内小中学校の長期休業期間(夏休み、冬休み、春休み)は、土日・祝日の時間帯で投影します。

お願いと注意点

  • 団体でのご利用の際は、事前のご予約をお願いいたします。
  • 投影開始時間直前のお申し込みはお断りさせていただく場合がございます。

観覧料

個人 団体 障がい者
小学生以下 無料
中学生 50 30 20
高校生 150 80 70
大学生・大人 250 130 120
シニア 130 130 120
※土日・祝日に限り、八戸市内の中学生は無料になります。

現在投影中の番組

一般投影番組ネコとおばあさん

 冬のある夜、おばあさんが編み物をしています。天体観察に行って転び入院しているおじいさんのために帽子を編んでいるのです。目が疲れたおばあさんは、おじいさんが「目を休めるには星を見るとよい」と言っていたことを思い出します。しかしおばあさんは星に詳しくないので、空を見上げてもどの星が何の星座かさっぱりわかりません。そんな時玄関からノックの音がして、ドアを開けるとネコが一匹座っていました。どうやらおなかをすかせている様子なのでスープをごちそうしてやると「おいしかったです」とつぶやきました。なんとしゃべるネコです。ネコはしゃべるだけでなく星座にもくわしいということで、スープのお礼にとおばあさんに星空案内をしてくれることになりました・・・。

番組概要
投影期間 2019年11月30日(土)~2020年2月24日(月)
著作 八戸市視聴覚センター 児童科学館
劇中カット

特別プラネタリウム熟睡プラ寝たリウム

番組概要
日時 毎月23日 13:30~ (約1時間)
料金 一般料金
対象 高校生以上 23日が土日祝日の場合、中学生以下入場可能

学校用学習投影・幼児投影(団体専用)

平日に限り、小中学校・幼児の団体様を対象としたプラネタリウム生解説を行っております。お申し込みは、事前に当館までご連絡ください。(Tel:0178-45-8131)

学校用学習投影

小・中学生を対象としたプログラムです。それぞれのプログラムを学校の授業内容に沿って構成しておりますが、事前の打ち合わせのうえで内容を調整することも可能です。また、投影方法につきましても、先生に解説をしていただき、当館職員は機器の操作のみを行うといった変更にも対応しておりますので、遠慮なくご相談ください。

学年 内容
小学4年生向け 月と星
小学6年生向け 月と太陽
中学生向け 地球と宇宙

幼児投影

幼稚園児や保育園児を対象としたプログラムです。当館職員が子どもたちとお話をしながら、昔話や神話・歌を交えて、楽しみながら星について学べる投影を行っております。

季節 タイトル
ししかに合戦
たなばた様
お月見
双子の星