プラネタリウム

  1. TOP
  2. プラネタリウム

プラネタリウムについて

季節毎の一般投影番組のほか、団体向けの作品として、小中学校向けの「学習投影」や、幼稚園・保育園・認定子ども園むけの「幼児投影」、一般向けの「季節の星空散歩」など、各種そろえております。当館のプラネタリウムは、光学式の恒星投影機「MS-10」を使用しています。この投影機では、人間が目で見ることができる星の数と同程度の、およそ6,000個の星を映すことができます。ドーム径は12m、座席数は88席あります。

投影時間・観覧料

投影時間

2020年7月1日より、通常の投影を再開するまでの期間、通常とは異なる時間で投影しております。詳細はこちら

観覧料

個人 団体 障がい者
小学生以下 無料
中学生 50 30 20
高校生 150 80 70
大学生・大人 250 130 120
シニア 130 130 120
※土日・祝日に限り、八戸市内の中学生は無料になります。

現在投影中の番組

一般投影番組うさぎのともだち

満月が美しい十五夜の日、うさぎの『うさきち』と飼い主がお月見をしていました。月にもうさぎがいて、モチつきをしているんだよ、と飼い主が教えてくれます。みんなが寝静まった夜更け、うさきちはこっそり部屋を抜け出し一匹だけで満月を眺めます。もし月にうさぎがいるのなら友達になりたいと思いながら。そのとき、月から何かがぴょーんと飛び出してきました。「てやんでえ!」と江戸っ子のようなしゃべり方のうさぎは月でモチをつく担当の『ぺったん小次郎』でした…。月の模様の動物たちや火星の大接近、流星や秋の星座について、小次郎と宇宙人たちが楽しく解説してくれる番組です。

番組概要
投影期間 2020年9月5日(土)~2020年11月29日(日)
投影時間 【平日】①15:00(1回のみ投影)
【土日祝日】①10:00 ②11:30 ②13:30 ③15:00(4回投影)
制作・著作 八戸市視聴覚センター児童科学館
劇中カット

学校用学習投影・幼児投影(団体専用)

平日に限り、小中学校・幼児の団体様を対象としたプラネタリウム生解説を行っております。お申し込みは、事前に当館までご連絡ください。(Tel:0178-45-8131)

学校用学習投影

小・中学生を対象としたプログラムです。それぞれのプログラムを学校の授業内容に沿って構成しておりますが、事前の打ち合わせのうえで内容を調整することも可能です。また、投影方法につきましても、先生に解説をしていただき、当館職員は機器の操作のみを行うといった変更にも対応しておりますので、遠慮なくご相談ください。

学年 内容
小学4年生向け 月と星
小学6年生向け 月と太陽
中学生向け 地球と宇宙

幼児投影

幼稚園児や保育園児を対象としたプログラムです。当館職員が子どもたちとお話をしながら、昔話や神話・歌を交えて、楽しみながら星について学べる投影を行っております。

季節 タイトル
ししかに合戦
たなばた様
お月見
双子の星