プラネタリウムPlanetarium

  1. TOP
  2. プラネタリウム

季節毎の一般投影番組のほか、団体向けの作品として、小中学校向けの「学習投影」や、幼稚園・保育園・認定子ども園むけの「幼児投影」、一般向けの「季節の星空散歩」など、各種そろえております。

投影時間・観覧料

投影時間

10:00 11:00 13:30 15:00
火~金 団体 団体 団体 一般
土日・祝日 一般 一般 一般 一般

■八戸市内小中学校の長期休業期間(夏休み、冬休み、春休み)は、土日・祝日の時間帯で投影します。

観覧料

個人 団体 障がい者
小学生以下 無料
中学生 50円 30円 20円
高校生 150円 80円 70円
大学生・大人 250円 130円 120円
シニア 130円 130円 120円

土日・祝日に限り、八戸市内の中学生は無料になります。

■小学校、幼稚園、保育園関係者さま
未就学児用幼稚園投影、小学生用学習投影も行っております。お気軽にお問い合わせ下さい。

一般投影番組

野の天文学者 前原寅吉の夢

投影期間
2018年9月1日(土)~11月25日(日)
著作
八戸市児童科学館
あらすじ
八戸でアマチュア天文家として活躍し、「野(※)の天文学者」と呼ばれた前原寅吉が小惑星の名前として国際天文学連合に認めらました。
前原寅吉は一体どんな活躍をし、天文家として名を残したのでしょうか。寅吉が活躍した時代をのぞいて、その様子を見てみましょう。
寅吉による南部弁での星座解説もあります。ここでしか聞けない珍しい解説ですので、そちらもおたのしみください。(今回の作品は、2004年の作品をリメイクしたものです。)
※ 野 = 在野(ざいや) 公職につかず民間で活動すること
スクリーンショット
スクリーンショット1 スクリーンショット2 スクリーンショット3 スクリーンショット4

特別プラネタリウム

熟睡プラ寝たリウム

日時
毎月23日 13:30~(1時間程度)
料金
一般投影個人の料金と同じ
定員
88人
対象
高校生以上
※23日が土日祝の場合は、中学生以下のお子さんも入場可能となります。
備考
投影中の入退室はできませんのでご了承ください

当館のプラネタリウム設備

八戸市児童科学館のプラネタリウムは、光学式の恒星投影機「MS-10」を使用しています。この投影機では、人間が目で見ることができる星の数と同程度の、およそ6,000個の星を映すことができます。ドーム径は12m、座席数は88席あります。

八戸市視聴覚センター 児童科学館
〒031-0001 青森県八戸市類家4丁目3-1
電話:0178-45-8131 FAX:0178-45-8132
©Hachinohe Children's Science Museum
ページトップへ